コメント歓迎です揺れるハート  BBS代わりに気軽に書き込んでやってください☆

2008年08月04日

8/3 MATCH UP '08―SUMMER SERIES― @ Zepp Fukuoka

いって来たです〜♪

以下、INORANとa.b.s.のセットリストです。
ジンは全てが初聞きだったので、セトリどころの話ではないですが、良いな〜という曲多かったです。元気に盛り上がる曲なんだけど、ギターの音がちょっと切ない感じだったり。好きだな(・∀・)



8/27
レポ&感想文やっと完成しました。

♪ジン
+ + + 先に書いたように、元気で盛り上がる曲がほとんどでした。1曲バラードって感じではなかったと思うけど、他の曲よりテンポを落としたのがあったような。
vo.の女の子が細っこいのに超パワフルな歌声!聞いてて気持ち良かったです。
とても楽しかったし、近場でライブがあればまた行ってみたいです。



♪INORAN


・(オープニング〜インスト)

・Determine

- MC -

・想

・Difused reflection

・Unstoppable

・raize


+ + + INORANのライブは去年のbirthdayライブ以来〜。
いつものようにDJ BASSが姿を現しオープニングへ。春の4daysとか参加してないからその辺りのことは知りませんが、この日のオープニングはクールな音だったなぁ。いつもはフロアの熱を上げてくようなノリノリ〜な感じだったよねぇ。メンバー、INORANがスタンバってオープニングから途切れることなくだったかどうだったかは覚えてませんが、短いインスト。カッコ良かったなぁ。ガシガシと掻き鳴らすようにギターを弾いてたと思います。この日のギターはキラキラスカル入りのroenギターでした。
歌もの1曲目はDetermine。実はこの曲で歌を聞くまでドキドキしてました。DetermineツアーのDVDのような癖のある歌い方だったらどうしようかと;癖は特に出てなかったと思いますが、発声は少し不安定だったかな?Determineもギターを弾きながら歌ってました。
MCでは、このイベントにabingdonさんに呼んでいただいて〜というようなことを言ってましたが、abingdonの発音がかなり適当(アビントンと言ってるように聞こえた)、ワザとでしょうけど(笑)あいさつの後、「業務連絡していいですか?」と、アルバムの発売日、ツアーの日程の告知をしましたが、INORANさん、アルバムのリリース日間違っちゃったよ!9/29はあなたのお誕生日ライブの日ですよ!フロアから「え〜?!(間違ってる!)」の声が上がるも間違いには気付かなかったみたいでした;
ここまでのMCで落ち着いちゃったからか次の曲を思ってか、苦笑混じりに、盛り上げなきゃいけないんだよね、なんてことを言って次の曲、想に。
他バンドのファンの皆さん、ビックリしただろうね〜。でもこれがINORANワールド(・∀・)!見たとこマッタリ。でも心は燃えてハイテンションなのです!この曲とDifused〜ではギターは弾かずでした。
Unstoppable〜のイントロではフロアに向かってジャンプジャンプ!とジェスチャーで煽ったり、手を伸ばして〜と歌うところでフロアではたくさん腕が上がってたり(前の方にいたんで振り返って後ろを見たら結構上がってたように見えました)、最後のららら〜をワンマンと同じようにフロアが歌ったり。MCでアウェイ云々と言ってたけど、あんまりそうは感じませんでした(^^*)
ラストのraizeでは間奏でサポートGのYoshitsuguと向かい合って弾いてました。ちょっと感動。。。
全5曲(インスト入れたら6曲)、もっともっとたくさん聞きたいね〜。あっさり終わって、INORANも颯爽とハケていきました。私がよそ見している間に(泣)
INORANさん、少し太ったというか痩せすぎからちょっと普通になった?私の勘違いかと思ったら一緒に見てた方もそう思ってたみたい。パンツがカワイかったな。


♪abs


・As One

・HOWLING

・DOWN TO YOU

・DESIRE

- MC -

・新曲

・LOST REASON-feat.MICRO from HOME MADE家族-

・BLADE CHORD

・INNOCENT SORROW

・アテナ


+ + + a.b.s.は2月のZEPP OSAKA以来〜。あの時は後ろの壁際で見ててかなりステージが遠かったなぁ・泣。
オープニングのReVerseが流れる中メンバー登場。上がる声の多さがそれまでの2組とは違います。
いつもの私ならば、可能な限り上手側=柴崎さん側に行くでしょうが、今回は下手側で腰を落ち着けてしまった(別に座ってたわけじゃないですが)のもあるし、退場する時にササッと出たかったのもあったので、前を向けば柴崎さんではなくSUNAOさん&その奥にIKUOさんが。結構前で観れてたので、柴さんも2月の時とは比べ物にならないくらいよく見えました☆ということで、SUNAOさん前にいるにもかかわらず体はしょっちゅう柴さん側に向いてた、かも。IKUOさんの鮮やかな髪の赤が記憶にはっきりと。柴さんは前髪を短く切ってたように見えたけど、ちょっとカワイく見えたけど気のせいかもしれません(笑)
As Oneのイントロに入ってからだったでしょうか、西川氏の登場は。毎回衣装=制服着用のa.b.s.(含、サポメン)ですが、この日の西川氏はピンク色のTシャツ。眼鏡もよく見る黒縁ではなく白縁。勝手に「あ〜、夏休みバージョンとか?」と納得してましたが、後のMCで、INORANのライブを見過ぎて衣装に着替える時間が無くなってしまったとか言ってました。
西川さんの立ち位置にはお立ち台があって、よくそれをピョイと飛び越えてステージの際まで来て、フロアの皆を挑発するように歌ってました。んでまたピョンと飛び越えて戻っていってたのですが、一度足が引っ掛かっておっとっと;てなことに。見てるこっちもヒヤッとしました;;それにしてもよく動きますねぇ。ワンマンより演奏時間も短いとはいえ、あれだけ激しい曲ばかりで中にはシャウトもあったりなのに最後の最後まで全く衰えも乱れもしない歌唱力。すごいね。
ワンマンに続き、今回もDESIREでは思い切り楽しませていただきました。楽しいですよ〜v踊れますよ〜vv岸さん大活躍な一曲ですね♪両ギタリストのソロ&ユニゾン合戦のところでは2人とも前に出てきて向かい合って弾いたりしてました。
DESIREが終わると、いつの間に引っ込んでたのか、「罰ゲーム中」と書かれたタスキを掛けたSUNAOさん&岸さんが袖から出てきてステージ真ん中へ。おもむろにヤングマンの振り付けみたいに腕を使って「a.b.s!!」とかやったり(私たちもやらされました;)なぜこの2人がMCをやってるのか説明をしたり、自分たちの立ち位置に戻ってからもライブDVDの宣伝をしたり、ジンとINORANのステージについて感想を言ったり。
柴崎さんがジンを気に入ったようで、「僕はジンのCDを買うことにしました」と言ってました。SUNAOさんはINORANのライブを袖で観てたそうです。クールだけど静かに燃えているような〜というような(表現は曖昧ですが)感想を仰ってました。
結局2人のMCだけでは終わらず、西川氏もしゃべったので結構長いトークコーナーになってました。ジンがこのライブに呼ばれたのは西川氏がジンのファンだからとか、まさかINORANと同じステージに立つ日が来るとは思ってもいなかったから嬉しいとか、INORANとはもうすぐ20年くらいの付き合いになるとか。本人さん目の前にして熱く語ってました。2、3曲目くらいからINORANも2階席の上手側で観てましたので。「LUNA SEAとEINS;VIERが並んでるんだよ!!すごくない?!」の西川氏の言葉には、あ〜やっぱV系出身者だなぁと思いながら、大きく頷いてました。アインス好きでしたから(^^*)そのあとに続いた「こっちはT.M.RevolutionとWANDSが並んでますけど」には、そろそろ触れないであげてほしいなぁと苦笑しましたが。柴さん、顔真っ赤だったようで(^^;)
MC後は新曲!カッコ良かったっす。細かいことは全く覚えてないけど(汗)ドッシリというより疾走感ある曲だったかな。柴崎曲かなと予想しますが、どうでしょうね?
LOST〜ではキタ!スペシャルゲスト!!MICROだ!!!超テンション上がりました〜(>▽<*)前回行ったワンマン大阪ではUVERのTAKUYA氏が飛び入りで歌うのを見れて今回はMICRO。ラッキーだなぁ。ラップから柴崎さんのソロに移った時、傍に来て絡みたそうにしてたMICROを柴さん完全無視!ちょっとくらい相手してあげなよ;と思いましたが、ギターしか見えてないのはいつもの事ですね。
INNOCENT〜ではサビでフロアも歌う歌う。私もしっかり歌わせていただきました☆この曲でだったか?ソロを弾いたあと、くるりと振り返って移動しようとした柴さん、すぐ横に西川氏がいることに全く気付いてなかったようで危うくぶつかりそうに。ほんとギターしか見えてないのね;ビクッってなってた(^^;)
最後はアテナで爽やかに終わり。もうこの曲はラストで固定されてるのかな。
エンディングにReBirthが流れてメンバーがステージ前方に並んで手を繋いでお辞儀、ステージ袖にはけていったのを見届けてから私たちも出口へ向かっていたら、慌ただしくa.b.s.メンバー再登場、の、中にいる人物見て「あっ!」と思ったa.b.s.ファン多数?(笑)ワンマンファイナルに続き西川氏、5分のために5時間かけて駆けつけてくれたMICROの紹介をまたもや忘れてたのです(笑)


3組とも良いライブが観れたし、ステージの転換もすごい待ったという印象はなかったし、INORANのライブからはそこそこ前の方にいたにも関わらず全く押しというのも無かったしで、終始楽しく過ごすことができました。実は、会いたかった友人と時間が無かったりすれ違いがあったりで会えなくて、ちょっとテンション下げつつ開場を待ってたのですが(この並んでるところが屋根なしで超暑かった;;)、偶然にも別の方にバッタリ遭遇して、ライブが終わって会場を出たとこまでお付き合いいただきました。いろんな話ができてとても楽しかったです〜♪
そんなこんなをひっくるめて、帰りは家にたどり着くまでいろいろ大変だったけど、福岡遠征行ってよかったです。
私に行く決意をさせたINORANさんに感謝っす(・u・)




posted by haruto at 00:00| Comment(0) | 音楽小話 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。